二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うおおっ???

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
http://edgenow.jp/

20世紀少年映画

【映画 20世紀少年サイト】

浦沢直樹の【20世紀少年】の予告編がサイトに公開されました。
なまらおもしろそうな雰囲気ですよね!!

サイト自体もワクワクするつくりになっていて、臨場感があります。

監督が堤幸彦、ケンヂに唐沢寿明、ユキジに常磐貴子。
その他豪華ラインナップ。

脇役まで掲載しているのがウケる。
夏が待ち遠しいっっ

PageTop
死神の精度死神の精度
(2005/06/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

金城武の死神、千葉。
単純におもしろかったです。

小西真奈美もかわいすぎ。

続きを読む

PageTop
バンテージ・ポイント




先に白状しておくが、群像劇が、だいすきだ。

多視点からフォーカスをあてると、さまざまなことが浮かび上がってくる。

感覚的な表現でわかりづらくてすまないが、その気になった点と点を、
脳内でむすびつけていくのがたまらなくおもしろい。


群像劇とは、人間たちという名の夜空をみあげて、星座をつくることに近い。


(前置き長っ)


だから、だからっ!

この『ヴァンテージポイント』って映画は最高におもしろかった。

テーマは『大統領暗殺』。

事件を数人の視点からフィードすることで、驚愕の全貌がはんめいするっていう仕掛けである。いやはやこれが臨場感ありすぎ!!


政治とか報復とか、黒い画策や裏切り。裏読みと殺人。
ただの善悪けいどろゲームかとおもっちゃだめだ。ラスト。










一瞬の判断力って、人間性が出ると思うんだよね。

そして、その一瞬で、どう動けるか。

うーん。観た人しかわかんない日記になった。


最高におもしろいよ。


見どころは、無意識レベルで、
人間の善意が、どういう形で、判断をくだすか。

PageTop
ガチ☆ボーイ (角川文庫 に 16-1)





ガチ☆ボーイ。

佐藤隆太かっこええ!!

一部撮影はウチの大学…ラストバトルなんてもろうちの体育館じゃないですか。俺が卒業式の日に寄りかかってたあの柱に、泉谷しげるが寄りかかっていたんですね。嬉しいような、そういえばもう大学行かないなあ…明日行くけど。



どっちやねんっ



個人的に見せ場だとおもうのは、冴えない妹がお兄ちゃんのために学校をサボり、チャリで数十キロ(のように感じた)激チャで飛ばすシーンだろう。あのシーンこそ、ガチだろう。うん。



アクションは良かった。

あ、シィラカンズはどうしてもキムタクをチャラ男に崩したイメージだよね??

■ガチ☆ボーイ・オフィシャル
http://www.go-go-igarashi.jp/

PageTop


仕事で忙しくて読めなかった週間ジャンプを・・・正確に言うとHUNTER×HUNTERを読んできた。やっばいね。あいかわらずトーン貼らないのに超人気。テニプリの最終回もあっさりしすぎで、ワンピースもひとつの節目(山)を迎えたカンジ。いやほんと、3月っていろんな節目があるようにおもう。

はい。

ども。

映画【ジャンパー】観てきました。

以下ねたばれはありません。


映画観終わってからトイレでマイミクに遭遇!! 笑。彼的にはあんまりなっとくいかない内容だったらしい。うーーん。たしかに感動感動すスペクタクル!!!!!!!!ってハナシじゃなく、山場を見抜きにくい点はあれど、ストーリー、映像、素材の新しさ(俺はそうかんじた)とかを考えれば【劇場】で【高いお金をだして】見る価値はあったと思う。

テレビでみればいいじゃんーって映画は多いとおもう。劇場でみなけりゃだめでしょ!!ってスケールの映画は、必ずしも宣伝文句の【総制作費○億円!!】とは比例しない。やっぱおとなの事情でディレクターズカット部分がかなりあったんだろうし、だからツジツマあわないよーって箇所あるんだろうし。


そういう意味ではうまーくエンターテインメントになってたよ。


ジャンパー。

映画を観てて、いちばんは、やっぱ、たのしいことだよねっ。

ひさしぶりに、金払ってよかった映画を観れたー。



俺は2人めに出てくるやつがかっこよくて好き。
以下ネタバレつづきへどうぞ。

続きを読む

PageTop
各社いっせいに報じているね。
つい先日書いたばかりのトピックス。

■規チガイなやつらの攻防
2/15(http://rainbowcracy.blog3.fc2.com/blog-entry-86.html

かの東芝が、HD-DVDを事実上撤退し、ブルーレイ一本化をきめたと。


やっぱり消費者はふりまわされっぱなしかあ。





ぼくんちには、
そもそも
DVDプレーヤーがナイです。

次世代もクソもない。

PageTop
ハードがあって、ソフトがあるもの。


たとえばゲームだ。

決してクリームではない。(ワックスとか言うな笑)


んでもってハードの対応機器としてソフトを市場に提供する。ここに規格争いが生まれる。DVDの話だ。


あまり詳しくはわからないけど、ソニーはオリジナル規格を開発し、別のジャンルを越えてソフトの共有化…ユーザーの独占をはかっている。ソニーの携帯電話にソニーのSDカードしか使えないのはその戦略のためだ。

同じように、ソニーのプレステ3で見れるのは『ブルーレイ』。 今やDVDの規格は東芝陣営の『HD-DVD』との2種類あるのは皆さんご存知かとおもう。

今年1月、映画産業におもいっきり大手の米ワーナーが、『HD-DVD』から『ブルーレイ』に鞍替えをしたのだ。




DVDなんて先進国にしかないだろうが、日経に1月に掲載された記事をもとに、両者の陣営を解説してみると…



■HD-DVD
・機器
東芝
マイクロソフト

・配給映画会社
パラマウント
ユニバーサル

・再生機器
X-box
(マイクロソフトだああああ)


…という感じ。
ちょっと前まではワーナーは両方の規格を取り入れていたが、『消費者のため』と一本化を決めたという。


■ブルーレイ陣営。
・機器
ソニー
松下電器産業
シャープ
DELL

・配給映画会社
★ワーナー
ソニーピクチャーズ
ディズニー
20世紀フォックス

・再生機器
プレステ3




もうブルーレイ陣営に軍配があがりそうだ。まったくだ。

なにかを思い出す。



あれだ。

もう死語になりつつある、

ぶいえいちえす



べーた。

あの争いに似てる。


ぷれすて



どりきゃす。



あるいは

せがさたーん





ばーちゃるぼーい
(これは違うか笑)





うはあっ
(((゜д゜;)))



新世代DVD!(`∀´)

新世代DVD!(*^ー^)ノ

新世代DVD!(`・ω・´)


とかなんとか言ってるけど、
わいのわいの騒ぎ立ててるのは技術者だけじゃないかとおもう。


消費者的に言うと、

ぶっちゃけ早く統一すれや不便やねん。みたいな。市場原理で切磋琢磨して技術が高くなるのはいっこうにかまわないんだけど、


HD-DVDより
ブルーレイのほうが

生産コストかかるから
ぶっちゃけ高くなる。

それに対抗した東芝陣営、
ディスクの値下げにふみきった。





安けりゃいいってもんじゃねぇよ




って

ハンバーガーの
○ッテリアとマク○の


『安値にしたら質落ちた』

って教訓あったじゃんね。



まあ
次世代DVDプレーヤーなんて
まだまだ買える身分ではないけどね。



一服おわり。
(^_^)y-゜゜゜



※データおよび一部知識は日経アソシエ(2・19)より

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。