二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CNETジャパンでのブログ・・・佐々木俊尚さんの記事に触発。

ウェブ3.0についての議論。


それはまさに、「情報の爆発」から「情報の再集約」。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
ウェブデザインの勉強をはじめて、もう半年が経過しました。いろいろとインターネットの裏舞台をまなんでいくにつれ、ふつうなら知らなくて済むようなネット世界の微妙な事情にもくわしくなりました。

(まだビギナーでいたい気持ちはあれど)


とりわけ、アイイー(InternetExplorer)さんの(x)html独自拡張+解釈バグというものがひとつです。


他でググればいくらでも出てくることをここで記しても仕方ないぞっ、てことで、今回は実は上記問題の革新を帯びた記事の紹介です。

IE 8に「IE 7モード」ボタン
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news055.html

Microsoft、IE 8で最新Web標準モードをデフォルトに
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/04/news062.html


※上記記事いずれも、【IT media NEWS

ほかにもいくつかあるんだけど、自分なりに主要記事を2個まで厳選しました。今のウェブデザイン知識で、これがいちばん革新だとおもう部分です。おそらく、ウェブデザインの勉強をする前では寸感「ふーん」で済んでいたはず。今だからわかる、この「次世代」がやっと到来するというカンジが。

まあ、まだウェブデザイナーとして半人前どころか、エントランスにも辿りつけていない僕がいうことでもないですけどね。きっとあちこちにキツネさんの数が増えたんで、施設の設備を良くしてキツネさんの侵略(それはコチラ)をはばもうって姿勢が、MSさんの『標準化戦略』と『以前のユーザーへの配慮』をよぎなくさせたんでしょうね。


ブラウザ戦争が新たな段階(ぶっちゃけユーザビリティの良さだけであらそう??)に突入するのかも。ひとごとではない。まあ、そういう意味では『IE7モードボタン』ってすごい発明だね。ゲームボーイアドバンスで昔のゲームボーイのソフトがそのままプレイできちゃう!!なら、買いだよね。たとえがフルスギ。


ウェブデザイナーがIEハックに追われなくなる時代が、もうすぐ来ます。

春のほうが早く来るけど。

PageTop
僕もブラウザは普段FireFoxでして、
サイトをつくるときもきつねさんベースにコーディングしています。

それからOperaさんとかIE6さんたちに、
軒並みそろえるためにハックしていく・・・と、こんな感じですが。

FireFoxのページでこんなキャンペーンやっているんですね。
速攻で参加してしまいました。



WEB最新ブラウザとは無縁のバイト先で、
SVとブラウザのことで大盛り上がりしてちょっと嬉しいこのごろ。

個人的には“あいいーキラー”として、
たくさん喰べちゃってほしいですね。

PageTop
ブラウザネタです。ブラジャーネタではありません。
俺がブラジャーネタしたところでうざいだけです。

ブラ・うざーwww


はい。


※注意※
この日記は一方的な意見なので、
情報の取捨選択はじぶんで調べて考えてください。
なんかあっても一切責任は負いませんが、
質問や間違った見解については訂正します。


うはぁ。

PCといえば、イコール インターネットだと思ってる方。

違います。



PCにはたくさんのソフトがインストールされています。
「さいしょから入っている」だけで、「なんでもできる箱」ではありません。


で、インターネットをするためのソフト、
もとい、ウェブページを見るためのソフトを、

【ブラウザソフト】といいます。


当然ソフトなので、いろんなメーカーさんが競争して作ります。
なので、メーカー(作成元)によってブラウザソフト名が違います。

やらしいのはマイクロソフトさん。
いわゆるビル・ゲイツさんのとこですね。

ここのやらしいとこは、PCとブラウザソフトを一緒に売っているんです。
パックなんです。標準装備にしているんです。
別売りじゃないから、ふつうはブラウザソフトそのものの存在を忘れがちです。

【ブラウザソフトがあって繋がってやっとネットができる】

んで、Windowsに付属の↑↑でパックになってると言ったブラウザソフトが…

インターネットエクスプローラー。
(InternetExplorer)
通称IEあいいー というソフト。
青い小文字のeがデスクトップ上にあるでしょう??
そこがネットの入り口です。



んで、世界で高い技術を誇るブラウザを【モダンブラウザ】といいます。
ゲーム機でいったら、【次世代機】みたいな意味です。

代表的なのは

・IE(前述のあいいーさん)
・Opera(オペラさん)
・Firefox(ファイアフォックスさん)
・Safari(サファリさん)

Operaさんはオペラソフトウェア社。
FさんとSさんはMozilla社のブラウザで、Safariはマッキントッシュ用なのだ。


んで、Windowsに標準搭載されているあいいーさんを、
そのまま利用する人が全世界なまらたくさんいるわけだ。

そりゃあそうだ。
【気付かないうちに使わされて】るんだもん。


んで、あいいーはバージョンごとにバグがあるという欠点がある。
なのに、【ブラウザソフトそのものの認知】が弱いため、
全世界シェアのほとんどをあいいーさんが独占できているというわけだ。

だから俺はたとえばFirefoxさんを使ってる。
無料でダウンロードして使えるし、
あいいーよりも便利機能がついてたりする。まあ、これは好みによるが。

たとえば俺の友人なんかはOperaさんを愛用してたり。
(彼はIT系の仕事をしてて俺よりPC詳しいから)

あいいーのいいーところもあるらしいから、
別に強制してはいないんですけどね。

ならこんな日記を書く意味なんてないわけで。



もし、自分のPCでブラウザがあいいーで、
けっこー前のPCを使っているなら必見。

インターネット画面で、上のメニューから【ヘルプ】→【バージョン情報】っていうのを見てくれい。
version:のスペルの後ろに数字がずらっと並んでいると思うが、
そのバージョンが、7のひと。

7のひとはいい。
最新だ。

でも、6のひと。

来たる来月、2月12日に、
一斉に勝手に強制アップデートされるという。

うはぁ。暴挙。暴君。

Vista買ったひとは、確かIE7は標準だからたぶん関係ないけど、
XPのひとで、IE6のひと。

別に強制でもアップデート無料ならいいべーと思っているひと。


マイクロソフトの暴挙がエラーの乱発になりかねないのだ。

2月12日。

変な機能が勝手に追加され、PC不得意なユーザーがぺこぺこ操作して、
PCを変な壊し方しないように!!!!!

てか、俺的には、
ブラウザ乗り換えを推奨します。

俺が使っているのはFirefoxで、
カスタマイズでボタンを猫ちゃんとかに変えられるので、
うはぁ、にゃーにゃー
にゃーにゃー


ダウンロード方法はヤフー!の検索窓に、FirefoxとかOperaとか入れて検索すると、日本語版ダウンロードって出てくるからそこから進めます。まあ、XPユーザーならブラウザを変えたほうがいいかも。使い方のくわしいのはあちこちでブログに書いてあるから調べてみよう。


Windows95とか98とか使ってる人は、新しいの買ったほうがwww
まだXPかVistaかどっちがいいかはわかりません。





※PCやネット、ITなんかについて書いてほしいネタ募集。
※勉強できる日記を勝手にめざします!!

PageTop
地球上には、国家(国連加盟・非加盟ヌキにして)が200弱ありますが、
今回は中国についてです。べつに中国非難とかではまったくないです。
個人的な雑文なので読み飛ばしてください。


以下のサイトにて見聞した情報によると、
中国のインターネット利用者がついに2億人を突破したそうな。

リンク先記事■CNET Japan
(http://japan.cnet.com/column/china/story/0,2000055907,20364556,00.htm)

しかもこれは07年の数値なので、
今年08年には米国の利用者数を越えるとの試算。

うはぁ。
うっはぁ。
いやはや、こいつはいちがいに利用人口だけの数値ですが、
やっぱり規模がでかい国だと改めて思ってしまう。

ただ、内陸部と沿岸部との経済格差がどうしても顕著になっていくだろうとは思いますね。(中国の街は沿岸の街しか俺は知らない)格差も規模でかいぜ!!


なんでわざわざ中国を取り上げたかというと、マイミクさんバイドゥってご存知でしょうか??
漢字で書くと「百度」。運営は「百度公司」。

はい。これは検索サイトの名前なんです。
規模にして、Google、Yahoo!に続き、全世界3位のシェアを持つ検索サイトです。
中国国内においては上記G&Yを押さえ最大手の検索エンジンになっています。

このバイドゥ。23日に日本バージョンの正式サービスが開始されたのです。
百度■(http://www.baidu.jp/)

トレンドとか音楽とか有名人とか、
シンボルに肉球が扱われているあたり、若年層狙ってそうな感じ。
インターフェイスがGoogleそっくりなのはもちろんいい意味で中国のお家芸でしょうか。

それにしても検索結果まで見事に一緒だよ。
これからGmailならぬBmailとかはじめるんじゃなかろうか。うぃっ。
技術供与だけでこんなに似るかい。

俺はもっぱらGoogle信者ですが。
Googleを使うにしろYahoo!を使うにしろ、
「いかにして苦労せずに情報を表示してくれるか」という一方的な「身勝手さ」が
ユーザーの希望なのはかわらないと思う。

苦労して書物を漁って調べる大学生がまったくいなくなり(俺は本をあさるのがすきじゃ)、
Googleがでてきたころは、検索ででてこないサイトは「存在しないのと一緒」みたいな言い方をされたわけですが、ニフティとかライブドアは今後さらに苦しくなるんじゃないのかな。

和製企業がんばってくれい。



BRICsとか、ネクスト11とかに目が入って日本株が下落してますが、
これを機会に日本にも注目が戻ってきてくれればいいなあという結びでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。