FC2ブログ

二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

大学で聞かされた話。

ある女友達が実は7月のおわりに、恋人と別れていた。

納得して別れたのに関わらず、“2人”という生活に慣れてしまったせいか、まだひとりで生きていくことがきついらしい。

生まれてから彼氏と付き合うまで、ずっとひとりで何でもやっていたはずが、恋人と過ごしたたったの1年間のせいで、今、ひとりでは何もできなくなってしまうのは、なぜなんだろうか…。


彼女は「このさびしさを乗り越えたら、なんか視えるかな」

そう言った。


人はみんな、足りない部分を抱えたパズルピースだ。

この世にたった2ピースしかないパズルを解くために、くるしみなげき、いきどおり、よろこび、わらい、涙を流し…。そうやって誰もが、自分の断章にぴたりとはまるパズルピースを探して生きているのだ。


あなたは見つけましたか? とっても必要な、唯一のカケラ。

スポンサーサイト



PageTop
昔の恋人に、最近新しい恋人ができて、とってもラブラブらしい。よろこばしいことなんだけど、正直、さいしょにそれを聞いたときグサリときた。なにかが心に突き刺さった。

この棘の正体はいったいなんなんだろう。

なにを視ても、何をしてても、その人との思い出が溢れて、おし潰されそうになった。別れてから1年近く、思い出さずに過ごせてきたのに、くるおしいまでの切なさが、氾濫しそうになってきた。



…まだ好きだとか、そんなんじゃない。きっと、時間がひとを変えていくことに半分感謝していて、半分絶望しているからなんだと結論した。

そこに在ったはずの想いは、やっぱり次に生かされているんだ。

よかった。

あいつは幸せらしい。人は他人の幸福に涙を流せるいきものだ。痛くも無いのに、他人の幸福を祈るために涙を流せる。



それに似てる涙を流した。

PageTop