二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
表現のハナシ。

数年前のロッテリアの丸いロゴ変更や、最近のドコモのロゴ、
洞爺湖サミットのロゴ乱立などなど。

いろいろ記憶に新しいが、
ロゴのことではどのビジネスシーンでもひと騒動あるみたいだ。

今回はアメリカの大手コーヒーチェーン『スターバックス』のロゴの件。

▼1枚目は従来のロゴだが…
20080520000702


▼2枚目は本社が発表した新たなロゴだ。
200805200007022

俺も従来のロゴのほうが好きだし、
こいつはギリシャ神話にでてくる人魚『サイレン』(RPGならセイレーンのほうがなじみ深いか) のこと。

スタバの由来はハーマン・メルヴィルの小説『白鯨』に登場する
一等航海士スターバックにちなむらしい。かっこいい。

■以下問題点引用

>>
【5月18日 AFP】米コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)がこのほど発表した新しいロゴマークに対し、カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)を拠点とするキリスト教系団体「The Resistance」は裸の女性が両足を「売春婦のように開いている」などと非難し、不買運動を呼び掛けている。スターバックス側はこの見解を否定している。

 この新しいロゴは16世紀スカンジナビアの木彫にある2尾の人魚を元にしたもので、1970年代に同社が用いていたロゴに似ている。(c)AFP
<<



■引用元:AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/economy/2392557/2936721

万人受けする『表現』なんて、決してできないと俺はおもう。
とりあえず文句を言うだけなら誰にでもできるし、
そこにむりやり建設的な意見をもちこむことはできる。

でも、どこかで相手を認めなければ、
宗教とか国境とか際限なく『文句の言い争い』になってくだけではないだろーか。

相手を認めることのすばらしさを考えられるオトナになりたい。
(文句のひとつを言うことができるオトナになることを前提として)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。