FC2ブログ

二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ご存知「クドカン」意外にも初監督作品!! これが好き嫌いはっきり二分する映画だと思います。秩序も矛盾もはねのけて、自分の解釈だけしっかりとする、って点では、メジャーなレベルの監督ならなかなかいないと思いましたわ。

お伊勢参りも結局叶わず… みたいな。東海道中でリヤル見つけたからもういいや、みたいな。でもそこが狙いなんだろうな。クドカンのインタビュー記事探してみっかな… 特にファンではないけど、カリスマ的実力あるのは承知の上。池袋ウェストゲートパークのドラマのネタは、大学の年下の連中もまだ使ってるくらいだし(笑)

それはそうと。

「リヤル」とか肉体的なものではなく、精神の「死」「生」をはちゃめちゃながら、映画のなかの世界観で見事に統一した作品だと思う。こんな重いテーマを、あんなにおちゃらけて… 小池栄子も迫真な演技してたね。ふざけがなかったのは彼女くらい…?? 


長瀬智也から中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ、柄本佑、森下愛子、岩松了、板尾創路、竹内力、山口智充、清水ゆみ、ARATA、荒川良々、中村勘九郎、生瀬勝久、寺島進、おぎやはぎ、毒腹三太夫、楳図かずお、松尾スズキ、研ナオコ、麻生久美子、ツマブキとすげぇ顔がさらっとならぶあたりがすげぇ。


なんだろうね。昔の自作のクソゲーを彷彿とさせてくれた。こんなこと言っちゃあ失礼なのだけど、逆よ。敬意の表れとしてね。銀幕でこんなことしていいのかよ的に、それだけ不必要なコマが見当たらなかった。漫画原作だからではなく、流れを見事にやってると思った。狙ってるのはなんなのかな? って感じさせてくれたよ。本当に。

あ、喜び組のセーラー服は、どこでなんでだれのせいで死んじゃったのか教えて下さい(笑)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。