二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ときどき、…フッ…


…っと、海に会いたくなるときってありませんか??



朝から植物園に行く予定だっけど、昼に起きた+微妙な天気のせいで、
突然キャンセルし、そのまんま電車でガタンゴトンGO!!


沿線で海が見えた。

水平線って、ほんとにまっすぐの線なんだなって思った。
やっぱり、一年にいちどは、海に会っておかなくちゃいけませんよね。


海も山も無い街に育ったせいか、
海も山も珍しくて、眺めてるだけでたのしくなります。

海や山があたりまえにそばにある。
そういう環境で育ったひとが、とてもうらやましいです。



電車を降りたのは、ご存知、北一硝子と運河の街、南小樽。



小樽の方面は見事に晴れていて、
メルヘン交差点まで歩き、堺町本通を散策した。

卵型したオルゴールや、
ステンドグラスの様なランプ。
本物みたいにうごくぬいぐるみ。
さかなとカニのにおいがする市場。
さまざまな楽器を演奏する天使のクリスタル人形。

おお!!
記念写真用の【まりもっこり】じゃないか!!!
新巻鮭もってるけど、さすがに首を突っ込む勇気は無かったw

でも、ちょっと、もっこりしすぎじゃね????????


写真のソフトクリームは、
北一硝子の【6段ソフト】。
チーズ、バニラ、チョコ…あと忘れたけど、
とにかく、重かった!!!!!

じゃなかったうまかった!!!!w




…そんな、倉庫街が続いていた。
すごい楽しかった。




…夕方に、埠頭の先まで歩いて、海を眺めた。



そして思ったこと。



自分が知らないうちに、めまぐるしい札幌(都会)に、
自分の時計を合わせて生きているということ。


自分がいた世界とはたしかにつながってる世界なのに、
この街には不思議な時間が、ゆっくりと流れている。


この街は、そんなことを教えてくれた。



なんで、ぼくはこんなに急いでいるんだろうって。

こんなに急いで、どこにいこうとしているんだろうって。

急ぎすぎて、逆に大事なもの、見落としているんじゃないかって。



フェリーの汽笛が聴こえた。



肩の荷が軽くなった気がした。

それは"気がした"だけ。

僕が今、いろいろ背負っているものは、
絶対に手放しちゃいけないものばかりで、
くるしいのは確かなんだけど、もう逃げる時間は残されていない。



でも、そんな時間に追われていたぼくに、

今、ちょっとだけゆとりが生まれている。




なんで、『海に会いたい』って思ったんだろう…





もしかしたら僕は、海に呼ばれていたのかもしれないよね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。