二の腕太もも細くするクリアボス

コーヒーブレイクになるようなトピックをお届け。とりあえず心の浮動点(フロート)は解除して前を向こうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
解夏観てきました。だいぶ前だけど。今週の火曜です。映画は観ない人間なのに、CMや広告を観るうち「これは観なければならない」と直感しました。


古来、禅宗の修行僧は、修行の入り(始まり)の日を「結夏」(けつげ・陰暦4月16日、本作品では太陽暦5月27日)、終わる日を「解夏」(陰暦7月15日、本作品では太陽暦の8月23日)と言うそうです。


んで本編ですが、主役の男が視力を失ってゆく話なのですが、CMでのキャッチコピー見ましたか?男の言い分は『愛してるから別れよう』。恋人は『愛してるから別れない』です。男は『最後に視たいもの』を、単身、故郷に帰って考えます。視力が徐々に低下してゆく苦行の果てには…。


解夏の日が今年は8/23と劇中で聞かされ、「闇の中をさまよう苦しみから解き放たれ、新しく出発する日」ああ、それまで俺は悩むんだろうな、そう思いました。今年の『解夏』8/23で私20歳になります。

誰でも苦しみから解放されたいと願ってる。解放されるまでをがんばってる。でも、一番大切なのは、解放された、あと、その先の未来に自分がどうするか、なんですよね。そんなことをガラガラの映画館で考えていました。誰かコレ読んでくれてるのかなー? 日記しか更新してねーからなー。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。